Visit見学予約はこちら

Brochure資料請求はこちら

blog

2022.4.1

気密

「高気密住宅」

熟練の大工が建てた家でも、目に見えない小さなすき間や穴は、壁や天井、床、窓枠などにどうしても生じます。そのすき間から屋外の空気が室内に入り、逆に室内の空気が屋外に出ていってしまう。気密性能が悪いと、壁の中の断熱材の性能や換気効率が悪くなり、結露やカビが発生しやすくなります。結露やカビは家の寿命を短くする原因になり、また、花粉やPM2.5、ウイルス、車の排気ガス、害虫の侵入を許すと、そこに暮らす家族の健康が危ぶまれます。

 

そこで、家のあらゆる箇所の隙間や穴を気密測定という検査によって探し出し、気密シートやテープ、ウレタンフォームなどでそれをふさがなければなりません。なお、こういった気密性能には、C値という基準値があります。C値とは住宅におけるすき間面積を表す値で、国が定めるC値の基準は、1999年時点で北海道と東北の一部地域で2.0c㎡/㎡(約ハガキ1.3枚分)、その他の地域では5.0c㎡/㎡(ハガキ約3.3枚分)とされていました。しかし、2009年の改正省エネ法により、気密性についてのC値の項目が削除されたため、現在は明確な基準が設定されていません。

 
auie[アウイエ]では、C値1c㎡/㎡(ハガキ約0.6枚分)以下を標準とし、お客さまのご要望次第では、さらなるグレードアップにも対応しています。

 

気密性能が体感できるコンセプトハウスへのご来場はこちらから
 

back