Visit見学予約はこちら

Brochure資料請求はこちら

blog

2022.3.18

断熱

「高断熱住宅」

高断熱住宅とは壁や天井、窓などの家の面に対して、性能の高い断熱材を入れて、熱の伝導や対流、放射を断つことです。そうすることで外から室内へ暖気(冷気)が伝わりにくくなり、室内の暖気(冷気)を外へ逃がさない高断熱性能(HEAT20 G2以上)を実現した住宅のことです。また、断熱性能の高い窓を温熱計算に基づいて配置することで、熱の伝導や対流、放射を断ち、結露やカビを発生しにくくします。

 

断熱材を大きく分けると「鉱物繊維系」「木質繊維系」「発泡スチロール系」があります。「鉱物繊維系」であるグラスウールは、ガラスを繊維状に加工したもので、壁・天井・床など、幅広い場所に使えて、比較的にコストが安いため、広く普及している素材です。「木質繊維系」の代表的な素材として知られている「セルロースファイバー」は、新聞紙やダンボール、おがくずなどを綿状にしたものです。隙間ができにくいので気密性が高いうえに、素材自体が持つ吸放湿性により、内部結露も出にくいのがメリットですが、その分「鉱物繊維系」と比べてコストは高くなります。断熱性が高く、施工しやすいという点から最近人気が高まっている「発泡スチロール系」は、ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えた素材のことです。気泡に含まれるガスが熱の伝導を抑制してくれるため、断熱性が高まるのがメリットです。しかし、価格が高いというデメリットと、燃えた場合に有毒なガスが発生する可能性もあります。

 

こういった特長からコスト、施工性など様々な要素を加味して、提案する設計事務所や住宅会社によって、どの断熱材を使用するのかが変わります。当社ではコストパフォーマンスの良い「高性能グラスウール」を壁に使用しています。袋に入っていないタイプの「高性能グラスウール」は、隙間無く断熱材を施工できるため、年数が経って断熱材が下がっていくということが無く、長期的に高断熱性能を保つことができます。天井には、屋根の構造の自由度に対応しやすいように「セルロースファイバー」を使用しています。断熱材を屋根施工後に施工できるという特徴もあり、雨や雪が多い北陸地方で天候に左右されずに丁寧な施工ができるのがメリットです。

 

こういった断熱性能には「UA値」という基準値があります。UA値(外皮平均熱貫流率)とは、住宅の内部から床、外壁、屋根や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値で、通常、提案する設計事務所や住宅会社によって算出されています。国が定めた福井県のUA値の基準は0.87W/(㎡・K)以下ですが、この数値では断熱性能が発揮されず、計画的な換気もできないということがわかっているので、「auie」では北海道クラスのUA値の基準である0.46W/(㎡・K)以下を標準とし、お客様の予算や要望があれば、さらに基準値をグレードアップすることも可能です。その高(断熱)性能に加え、機能性やデザイン性などのコンセプトを体験できるコンセプトハウスがありますので、ぜひご来場ください。

back