Visit見学予約はこちら

Brochure資料請求はこちら

blog

2022.5.6

性能

「冷暖房器具」

高断熱・高気密な高性能住宅にすれば、屋外の空気が室内に入りこみにくく、また室内の空気が屋外へ逃げにくくなります。高性能住宅では、基本的にどのような冷暖房器具を選んでも、夏は涼しく冬は暖かい室内環境で過ごすことができる。そうなると、トータルコストや冷暖房効率など、他の部分に目を向けて冷暖房器具を選ぶ必要があります。ただし、家庭用エアコン、ファンヒーター、床暖房、全館空調システムなど、どのような冷暖房器具を選ぶかは、各住宅会社によって提案内容が異なります。

 
auie[アウイエ]では、コストパフォーマンスや冷暖房効率の高さから、家庭用エアコンを1階の床下部分に暖房用として1台(床下エアコン)、2階の廊下やホールなどの共有空間に冷暖房用として1台、計2台設置しています。

 

冬は1階の床下エアコンから暖気を送り込むのですが、暖気は上昇する特性を持っているため、床下から床、さらには各部屋に配置された吹き出し口から1階の居住空間を暖めます。さらに、その暖気が階段や吹き抜けから上昇し、2階の居住空間を暖める、という仕組みです。一方の夏は、2階の共有空間にあるエアコンから2階の各居室へ冷気を送り込むことに。冬の逆で、冷気が下降する特性を活かすわけです。基本的に冬と夏はどちらかのエアコンが常時稼働しているため、起きているときはもちろん、睡眠時にも大きな効果を発揮してくれます。

 
冷暖房器具の設置にかかるイニシャルコストが抑えられるだけではなく、光熱費や他の暖房器具で必要な灯油やガス、さらには寒い環境によって発生する生活コストなどのランニングコストも抑えられ、ハイコストパフォーマンスの家になるでしょう。その総額は、4人家族が20年暮らして、最低でも約270万円と算出しています。

 

冷暖房機器のコスパの高さが体感できるコンセプトハウスへのご来場はこちらから
 

back