Visit見学予約はこちら

Brochure資料請求はこちら

blog

2022.5.20

性能

「4つの暮らし」

高性能住宅(耐震性能・断熱性能・気密性能)を実現すると、高性能ではない住宅と比べ、建設費用が多少高くなるというデメリットもありますが、それを補って余りあるほどの多種多様なメリットがあります。「auie」では、高性能住宅に暮らした家族は「安全」「快適」「健康的」「経済的」の「4つの暮らし」が手に入ると考えています。

 

安全な暮らしとは、耐震性能を高くすることで、地震や大雪などの災害から家はもちろん、何よりも重要な家族の命を守ることができる暮らしのことです。また、断熱性能や気密性能を高くすることで、猛暑や厳寒などの異常気象にも対応することができます。もし、そのような災害が起こらなかったとしても、家族が安心に暮らせることが大切だと思っています。

 

従来の家では室内の寒さや暑さから家事や育児、お風呂が億劫になったり、勉強や仕事、趣味などの家での作業に集中できないなど、それがあたりまえのように効率の悪い時間を過ごしていました。快適な暮らしとは、断熱性能や気密性能を高くすることで、お家での行動が室内の寒さや暑さによって左右されることがなくなるということです。反対にゆっくりしたい時にも家中が一定の温度なので、心体共に快適な暮らしになります。

 

断熱性能や気密性能を高くすることで、室内の温度や湿度のコントロールが可能になります。それによってウイルスや結露から起こるカビやダニの発生を抑えることができるので、風邪のような感染症の病気やアレルギーの発症頻度を抑えることができます。また、温度差のある場所を移動することで起こる循環器系疾患「ヒートショック」の確率も減らすこともできます。高性能住宅はこれらのリスクを軽減し、健康な暮らしを手に入れることができます。

 

経済的な暮らしとは、断熱性能や気密性能を高くすることで、光熱費や無駄な生活コストを抑えることができることです。(当社の場合は)2台のエアコンのみで家中が一定の温度にすることができるため、他の冷暖房器具を導入する必要がなくなり、イニシャルコストが安くなります。それに加え、光熱費はもちろん、他の冷暖房器具で必要としていた灯油やガス、さらには家着や毛布などの生活費や健康な暮らしを手にしたことで医療費などの出費が減ります。

 

back